FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトお絵書き  »  GMT:時系列データの取り扱い
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GMTで時系列データ、たとえば、

2000-01-20 435.44
2000-01-21 453.11
・・・

といったようなデータの時系列棒グラフを描くときにはちょっとした設定の変更をしなければならない。
↑の例だと、年-月-日という時系列データとなっているので、

gmtset INPUT_DATE_FORMAT yyyy-mm-dd


と宣言しておく必要がある。
出力するグラフの横軸を月だけにしたいときには、

gmtset PLOT_DATE_FORMAT mm


としておくとよい。
あと、Rのオプションも変える。
通常、

psxy input.dat -R0/100/0/550 -Sb0.5 -Ba50 > out.ps

と棒グラフを描くけど、
時系列データの場合、x軸を時系列にする場合、


psxy input.dat -R2009-01-20T/2009-12-31T/0/550 -JX24T/16 -Sb0.5 -Ba1o/a50 > out.ps

という風にxminT/xmaxTという形式でを入れる必要がある。
他にも、Jオプションに着目すると、サイズの後にTをつけたり、Bオプションで格子幅の設定を決める時には、1か月区切りの場合、1oとし、1日区切りの場合1dにする。
この辺は他のHPを参照すればいっぱい出てくる。
スポンサーサイト
NEXT Entry
fortrn:エラーメモ
NEW Topics
fortrn:エラーメモ
GMT:時系列データの取り扱い
GMT4.5.6のインストール
netCDF4.0.1のインストール
virtualboxの共有フォルダ設定
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。