FC2ブログ
HOME   »  gmt
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球科学でおなじみのデータ可視化ツール
GMTについてのメモ。

○インストールの流れ(簡易版)
GMTのインストールは非常にめんどいw
Windowsはすんなり入ったケド、linuxだとなんかよくわからんw
バージョンやコンパイラの組み合わせが悪いとエラーが出るそうで・・・
まぁ私がやった流れは以下。
先輩に教えてもらいながら悪戦苦闘しつつ、なんとか終了w

intel compilerのifort、iccインストール
→netcdfのインストール
→GMTのインストール

4/30追記:gccとg95でインストールできました^^
netcdfとGMTのインストール方法を忘れそうなのでメモとして書きました。
netcdfインストールメモ
GMTインストールメモ

ubuntsuでは
$sudo apt-get install gmt
で超簡単にインストールできますw

○-Bオプション
描こうと思った図をpsファイルに出力しますが、
データ数が多いとき(-R0/360/-90/90とか広範囲のとき)には出力ファイルが一部しか表示されないことがあります。そこで-Bオプションで図のサイズを変えてやりましょう。
-BX2i/3i
といった感じでやれば図のx軸、y軸の出力幅を調節できます。
Xはx軸全体の幅です。xにするとx軸の1目盛り幅の設定になります。

-B(どの幅の調整:X=x軸の幅、x=x軸の1目盛りあたりの幅)(数字i:x軸幅をインチ単位で指定)/(数字i:y軸幅をインチ単位で指定)
スポンサーサイト

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。