FC2ブログ
HOME   »  bash
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bashにて普通の計算をさせてみると
$a=5+4
$echo ${a}
5+4
aには"5+4"という文字列が代入されてしまう。
そこで"expr"というコマンドを使うと、

$ a=`expr 5 + 4 `
$ echo ${a}
9

と言う風に無事に計算できた!!
ただし、注意が必要で、

$ expr 5 + 4
9

となるが、

$ expr 5+4
5+4

となるのでスペースを忘れずにw
スポンサーサイト
wgetでダウンロードしたファイル名を変えるときの方法です。
オプションに-O(オー)を付けるだけでおkです。

wget -O (変更したい名前) (URL)

という感じです。

例)
$ wget -O test http://kyotoforest.blog82.fc2.com/

と実行すれば、testという名前のファイルでダウンロードされています。
bashにて変数に日付を代入するときの方法

$ date

で今の時間情報を表示できます。

2010年 8月 3日 火曜日 18:10:41 JST

のように。
この情報の表示方法を変えるオプションがあります。
そもそもdateコマンドは以下の様式でオプションを加えると表示方法が変わります。

date "+(オプション)"

たとえば、

$ date "+%Y"

と打てば、

2010

と表示されます。
これは%Yというオプションが現在日時の4桁年数を取得するものだからです。
オプションは他にも、

%y:下2桁年
%m:2桁月
%d:2桁日
%H:24時間表示の時
%M:分
%S:秒

といった感じであります。
シェルなんかで変数を代入するときは、

$ NOW_TIME=`date "+%Y%m%d"`

としてあげれば、変数NOW_TIMEに20100803といったような変数が入るわけです。
ためしに、

$ echo ${NOW_TIME}

を実行すればよく分かります。


CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。